差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校

差別化できる介護レク おとなの学校


過去のニュースはこちら

「おとなの学校」の特徴

【特徴01】高齢者の五感を刺激する「教室という空間」

「おとなの学校」に入って目に飛び込んでくるのは、黒板や時間割、時計。授業では鉛筆やプリントに触れ、チャイムが聞こえてきます。"学校の懐かしさ"を五感で感じられる作りになっているのです。さらに、内装や家具の色調などお客さまを包む環境も意欲が向上するように考え抜かれています。

詳しく見る

【特徴02】高齢者が体験する「学びの喜び」

「おとなの学校」では、時間割を作り、国語や理科、音楽など、スタッフが工夫を凝らした"授業"を"生徒"であるお客さまに提供しております。
様々な"授業"を通して過ごす1日は、お客さまにとって有意義なもの。「元気になる。楽しい」との評価をいただいております。

詳しく見る

【特徴03】高齢者の意欲を高める「仲間たち」

「おとなの学校」で出会う"先生"と"同級生"は、互いに安心を生む仲間であるだけでなく、時に高め合う仲間でもあります。日々の授業の中で、"先生"の励ましの声や"同級生"の「できた!」という声によって、高齢者が最後まで諦めずに取り組む姿が見られます。


TOPICS

evangelist

evangelist

動画を見る

タイトル

エヴァンジェリストとは、「伝道師」の意。
彼らは、おとなの学校が求める“新しい介護”の実現に向けて全国各地で活動を始めています。 おとなの学校各校での特別授業をはじめ、講演会や大学講義、さらには経済産業省や厚生労働省の方々が来訪された際に、新たな介護のあり方、新たな介護職のイメージを伝えていきます。